スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた北京の車窓から 動く熊猫編

どうしても動くパンダが見たくなって、また北京動物園に行ってみました。
今回は頑張って10:30よりも前に動物園について、急いでパンダ館へ。

そしたらバッチリ動いてました(^-^)/
といっても、食後の寝る準備中でしたが(^^;

まずはこんな体勢でお出迎え。

IMG_0389.jpg

こんな体勢や

IMG_0391.jpg

こういう体勢になりつつ、

IMG_0392.jpg

最後はこのままご就寝(^-^)

IMG_0398.jpg

そのうち、こんな体勢に変わってましたが(^^;

IMG_0400.jpg

もう一匹の子パンダは遠くのほうでおとなしく寝てました。

IMG_0401.jpg

それでは、ちょっとだけ動く動画をご覧ください(^-^)/



パンダは何度見ても癒されますね(^-^)
このためだけにもまた出張行ってもいいかも(^◇^;?

この後、動物園をひと回りして気になったところがこれ。

IMG_0404.jpg

一番手前のは聞かザル?

動物園を見終わったら天安門に移動して故宮を見学。
いわゆる紫禁城ですね。ラストエンペラー(^-^)/

IMG_0446.jpg

そのまま故宮を抜けて、向かいの景山公園へ。
小高い山になっております。

ただ、この短い距離を突破するのが大変でした。
三輪車での胡同(ふーとん)巡りの勧誘の嵐で・・・

IMG_0482.jpg

山の頂上が展望台みたいになっていて、そこから故宮を眺めるのが定番コースらしい。
頑張って山を登ると、こんな感じで眺められます。

IMG_0486.jpg

公園内で見つけたもの。
こんな会話でいかがでしょう?

IMG_0491.jpg

公園内はいたるところで演奏にあわせて合唱してたり、派手なダンス音楽流しながら
踊り歩く人が居たりと、結構賑やかで楽しいところでした(^-^)
知らないおじいちゃんも踊りだしたりするし(^^;

最後はお隣の北海公園を眺めて、地下鉄西四駅まで歩いて帰宅です。

IMG_0499.jpg

いや~、今回も良く遊びました(^^;
スポンサーサイト

またまた北京の車窓から 鉄博編

みなさんこんにちは。
先月またまた行ってた北京出張時のことを書いてみます。
ちなみに、9/2に帰ってきて9/12からまた出張(^^;

いつものように土日はひまですので、今回は鉄道博物館に
行ってみることにしました。

地図を見ててとまっているところから結構近く、ホテルの近くの
バス停から1本でいけることが判明!
さっそく行動開始です(^-^)/

まずは629路で終点の環行鉄道まで行きます。
が、このバスは車掌さんが車内で切符を売る形式のもの。
なので行き先を伝える必要があります。

頑張って調べたところ、「ふぁんしんてぃえだお」と読めばよさげな感じ。
とは言え、実際に乗ってドキドキしながら言ってみると、
無事に通じて切符をもらえました(^。^;)ホッ

20分くらいバスに揺られて(←ホントに揺れる(^^;)環行鉄道に到着。
ここから少し歩きますが、案内の看板にだまされて道に迷ってしまいました(^^;

鉄道の工場入口みたいなところに出たので、そこの守衛さんぽいお兄さんに
「鉄道博物館」と書いた紙を見せたら、あの青い屋根のやつだよって
教えてくれました。感謝!

ちなみに、周辺はこんな感じ。
周りはなにもありません(^^;

IMG_0321.jpg

で、これが青い屋根のやつ。博物館の展示場です。

IMG_0322.jpg

これは帰りに撮った正門の標識。
看板にだまされなければこちらから入ってくるはずでした。。。

IMG_0350.jpg

では、20元で入場券を買って入ってみます。

IMG_0347.jpg

展示場に入ってみると、、、広っ!
あいかわらずスケールでかいです。

機関車やら客車やら結構な数の車両が展示されています。
そのなかからいくつか紹介。

IMG_0323.jpg

朱徳号(左)と毛沢東号(右)
どちらも日本製。
その他にもたくさんのSLが。

IMG_0324.jpg

IMG_0325.jpg

IMG_0326.jpg


電気とかディーゼルの機関車もたくさん。
どれが何か忘れましたが(^^;

IMG_0334.jpg

IMG_0337.jpg

IMG_0338.jpg

いくつかは運転席に入ることが出来ます。
こんな感じの運転席です(^-^)

IMG_0345.jpg

そして、展望寝台車とディーゼル機関車。

IMG_0336.jpg

この寝台車は中に入ることができました。
ほとんどが木で作られていて、ホテルのような落ち着いた感じでした。

機関車のほかに客車も数多く展示されてます。

IMG_0335.jpg

こちらはいわゆる緑皮車の軟臥車、日本だとA寝台ですね。
その他にも、2等車にあたる硬臥車、硬座車はありましたが、
なぜか軟座車だけは見つけることができませんでした。なぜ?

貨車もあって、こちらはタンク車です。
日本だとタキかタムかな?

IMG_0332.jpg

あとはでかいのがあって、シキっぽいのがありました。
フレームに収まって無いです(^^;

IMG_0339.jpg

と、こんな感じで載せきれないほどの車両が展示してるので、
結構な時間を退屈せずに過ごすことができました。

しばらく展示車両を満喫したら、鉄道博物館を後にして、
まずはバスで北京駅に向かいます。
また環行鉄道から403路の北京駅行きの利用です。
こちらは均一料金なので黙って1元出せば乗れるのでラクラクです(^-^)

1時間近く掛かりましたが、無事に北京駅に到着。
相変わらずここも駅デカイです。

IMG_0352.jpg

ここから地下鉄に乗って2つ隣の前門駅に向かいます。
我ながら完璧な移動計画!
と思っていたら、まさかの前門駅通過( ̄□ ̄;)!!

そういえばひとつ手前の駅でなんか言ってたような気がするけど、
中国語だからわかんないし〜
どうやら、なんらかのイベントがあったりすると、ちょくちょく
駅が封鎖されることがあるらしい。知らなかった。。。

しょうがないのでぐるっと一回りして、天安門東駅から歩いて
ようやく目的地に到着です!

IMG_0438.jpg

それは、「中国鉄道博物館 正陽門館」です。
また鉄博(^^;

が、さきほどの遠回りの影響もありすでに閉館してました(^◇^;)
でも、いいのです。ここは資料展示がメインみたいなので、
読んでもわからないだろうから。

実は博物館よりも、この建物にある模型屋さんを覗くのが
本当の目的だったりします(^^;

模型屋さんを覗いたところ、さすがにほとんどHOサイズのものばかりで
Nは無い様子でした。
CRH3の模型が8両で2600元(約33000円)ってのがかなり気になりましたが、
そんな大金は持っているはずもなく。

いや、HOサイズ8両で33000円なら安かったのかも?
次行ったら買っちゃおうかな(^^;
って、また行くの(^◇^;?

ちなみに、北京駅で交通カード買っちゃいました(^^;
20元デポジットで20元チャージから買えるこのカード。
ただでさえ1元〜とお安いバス料金が、なんと6割引になるという優れもの。
しかも乗り降り時にカードをタッチするだけなので、
降りるバス停の読み方が判らなくても安心の代物です(^-^)

P1020711.jpg

って、なんで今頃買うのかが謎なんですけどね(^^;
やっぱりまた行く予感があるのかな(^◇^;)

<今日のひとチョコ>

久しぶりにチョコさんからひとことあるようです。

P1020708.jpg

なかなか鋭いお言葉で(^◇^;)

また北京の車窓から(^^; 和諧編

次の目的地に向かうため動物園を後にしましたが、パンダ買ってるし(^^;
職場の携帯置きにでもしようかな。

IMG_0294.jpg

#ちなみに、現在このパンダは家のリビングで活躍中(^-^)/

動物園駅からまた地下鉄4号線に乗って移動です。
着いた先は、北京南駅!
相変わらずでかいなぁ。

IMG_0260.jpg

ここに来た理由は、そう中国新幹線CRHをこの目で見ようと思ったからです。
ちょっと乗ってみたい気もしますが、特に行く場所もないし、
それなりの値段するので、ひとまず撮り鉄でもしてみようと思ったのです。

北京南駅について駅近くで写真を撮れそうな場所を探しましたが、、、
ない(>_<)

見えるには見えるんですが、それなりに高い壁があったりして、
つま先立ちしないと撮影は無理そうだったりで。
そんな体勢で撮影してたら、絶対足つります(^^;

そうこうしているうちに、E2ベースのCRH2やらCRH3やらが通過していきました。
一応見れたので満足ではあるんですが。。。

気がついたら天津までの切符買ってるし(^^;
しかもちょっとリッチに1等座。
まぁ、2等座と11元(約140円)の違いなんで。

IMG_0261.jpg

ちなみに、切符の写真は下のほうにパスポート番号入ってるので隠してます。
最近、身分証明がないと切符買えなくなったらしいのです。
おかげで自販機では買えず、窓口に並ぶ必要があります。
お乗りになる方ご注意を。

さて、次はいよいよCRHに乗車です!
と言っても、車内の写真は撮ってないです(^^;

切符を買って改札が始まるまで待ちます。
ホームの入り口に改札があるので自由には出入りできないです。
なので、駅での撮り鉄もなかなか難しい。
まぁ、しばらくボーっと待ちましょう(^-^)

行き先を天津にした理由は、たんに手軽だから(^^;
10分から20分おきに出てるし、30分くらいで到着するので
試乗にぴったりの路線です。

改札が始まったので、さっそくホームに降ります。

IMG_0262.jpg

こちらが乗車する車両です。ICEベースのCRH3ですね。
おじさん、おばさんが窓を拭き拭きしています。
おかげで窓がきれいでしたが、窓割と座席があってなくて
外が見にくかったです(>_<)

IMG_0264.jpg

続いて車体に書かれたCRHのマークです。
作成用の資料にと。
って、作るの(^_^?

IMG_0265.jpg

お次は隣のホームに到着した列車の「和諧号」のマーク。
350km/h対応って書いてますね。
これも作成用の資料にと。
って、だから作るの(^_^?

発車3分前くらいになったので、指定された席に急ぎます。
なぜ急ぐかと言うと、ちょくちょく早発するんですよ。

指定された5号車10番の席は運よく窓側でした。
ちなみに、日本のようにABCではなくて、すべて連番になっています。

なお、車内がどうなっているか興味ある方は、
ぜひ検索してみてください。←手抜き

ただ、窓側なのはよかったのですが、少し前でも書いたように
窓割とシートピッチがあっていなくて、思いっきり柱でした(-.-;
まぁ、外は平野が見えるだけなのでかまわないのですけどね。

乗り心地はいたって快適(^o^)
椅子もグリーン車のやつですからね。
ただ、床はカーペット敷きではなかったですが。

車端部に電光掲示があって、たまにスピード表示が出てました。
最高は294km/hでした。

そんなわけで、あっという間に天津に到着です。
駅はなんだか「昭和の宇宙基地」って雰囲気です(^^;

IMG_0267.jpg

ここも駅前が広い。そして人が多いです。
さて、何しよう(^^;

ノープランで天津まで来てしまいましたが、すぐに帰るのもなんなので
ちょっとだけ町を散策してみました。

IMG_0272.jpg

駅降りてすぐの「津湾公園」です。
河川敷もきれいに整備されていて、のんびりするのに最適です。

IMG_0284.jpg

こちらも駅降りてすぐの「解放橋」です。
なにやら歴史があるらしいです(^^;

次に来るときは、もう少しプランを練って来たいと思います(^o^)/
って、また行くの?

#少し探しましたが、「天津甘栗」は売ってませんでした(笑)
 が、天津在住の通訳の方に聞いたところ、10月頃から出始めるとのこと。
 なお、「天津飯」は確実に無いそうです(笑)


17時になったので、そろそろ北京に戻ろうと思い、
天津駅の切符売り場へ。

帰りも無事に切符が買えましたが、希望よりも2本後の列車。
結構混んでるみたいですね。
まぁ、特に急ぐわけでもないので構わないです。

発車まで1時間以上あったので、津湾公園でしばらくボーっとして
から乗り場へ向かいます。

まずはお決まりの荷物チェックから。
いつもどおりすんなり通過です。

なお、駅の構造は2階が出発ロビー、1階がホーム、地下が出口と
いった感じで、まさに空港みたいな感じになっています。
ホームに行く前にゲートがあるのも飛行機そっくりです。

IMG_0286.jpg

改札が始まったのでホームに降ります。
帰りもCRH3です。窓掃除は終わってるみたいです。

IMG_0288.jpg

ちょっと遠くのホームにCRHの鼻先が見えました。
おそらくCRH5でしょう。もっと近くで見たかったな(^^;

IMG_0289.jpg

写真を撮ったら乗り込みます。
帰りの座席は5号車の9番。通路側ですね。
ただ、行きと帰りで番号の付け方が左右逆でした。
この辺がよく分からんな。

帰りは途中一駅停車して、38分くらいで北京南駅に到着。
えっと、帰りの記憶がほとんどありません。
結構歩いたので爆睡してました(^^;


短い区間ですが、試乗に最適でなかなか楽しい乗り鉄でした。
かなり疲れたけど(^^;

日本に戻ったら、まずはE2-1000番台でも探しますかね。
って、やっぱり作る気(^◇^?

また北京の車窓から(^^; 地下鉄と熊猫編

続いて、日曜日の活動記録です。
IMG_0223.jpg

移動はまずこの駅から始まります。
ホテルの最寄り駅、地下鉄15号線「望京(わんじん)」です。
最寄と言っても徒歩20分くらいですけど(^^;

15線は昨年開通したばかりの路線で、車両もきれいです。
ただ、東京メトロ南北線ばりのホームドアがあるので写真取れないです(><)

ラインカラーは紫ので、車体にも紫の線が入っています。
なので、勝手に半蔵門線と呼んでます(笑)

切符売り場に行く途中に必ず飛行機に乗るときみたいな
荷物チェックがあります。が、ほとんど見てないような(^^;

その後、切符を買いますが、どこまで乗っても2元とリーズナブル(^o^)
15号線に乗ってお隣の駅「望京西(わんじんしー)」に行って乗り換えです。

続いて乗るのは13号線。
こちらは乗り換え時にだいたいダッシュするので写真撮れません(><)

13号線の車両はオレンジのライン入りで、ぱっと見中央線のE233系といった感じ。
でも、郊外をぐるっと回っているので、勝手に武蔵野線と呼んでみたり(^^;
ちなみに、なぜか13号線の車両はどれに乗っても、高麗人参みたいな香りが。。。
不思議です。

13号線で片方の終点「東直門(どんじーめん)」でまた乗り換えです。
次は2号線に乗りますが、乗換えでダッシュするので写真が・・・
っていうか、地下鉄の写真撮るのあきらめてます。はい(^^;

ちなみに、こちらの地下鉄では乗り換えで結構歩かされます。
改札は出ないものの、三越前で銀座線から半蔵門線への乗り換える
のと同じくらい歩きます。

2号線は環状線になっている路線です。
なので、山手線とか大阪環状線みたいなものですね。
こちらで、「西直門(しーじーめん)」まで行ってもう一度乗り換えです。

次に乗るのは、緑のラインが入った4号線。
東京メトロで言えば千代田線?
って、もういいか(^^;

4号線に1駅乗れば最初の目的地に到着です。
さて、ここはどこ?

IMG_0224.jpg


#地下鉄にどうも気になる広告が。
 おそらく地下鉄がどんどん開通して便利になってるよ?って
 ものだとは思うんですけど。
 なんか気になる(^^;

IMG_0290.jpg


さて、最初の目的地は、そう、上野動物園ですっ!

って、違いますね。北京動物園です(^^;

今回出張来るときに成田で買ったるるぶ見てたら、
パンダを見てみたくなったので、思わず来てしまいました。

動物園の入り口に着いたら、ダフ屋の攻撃をかわしつつ入場券の購入です。
パンダ館付きで20元。お安い(^o^)

IMG_0226.jpg

ちなみに、ダフ屋は30元とか言ってるように聞こえました。
目の前で正規のチケット売ってるのに、ダフ屋から買う人いるのかなぁ。

そんなこんなで早速入場します。
正門入ってすぐのパンダ館に直行です。

入り口には結構な人が居たのですが、敷地が広いからか園内は
かなりゆっくりと見ることができます。

が、来た時間が少し遅かったので、食後のパンダさんたちは
ほとんどお昼寝中(^^;

パンダの子供もかわいくお昼寝中(^-^)

IMG_0259.jpg

大人のパンダは、やる気なしな凄い格好でお昼寝中。
っていうか、パンダの絨毯みたい(^^;

IMG_0238.jpg

レッサーパンダもやる気なし(^^;

IMG_0252.jpg

1人(?)だけ笹を召し上がっておりました。

IMG_0256.jpg

初めてパンダを見ましたが、のんびりする気分になります。
ただやっぱり、中に人が入ってる気がしてしょうがないです(^^;

しばらくパンダを眺めたら、次の場所へ向かいます。
ホントは他の動物たちも見たかったのですが、あまりに広いので
丸一日掛かりそうな感じだったので、今回はパンダだけで終了です。
って、今回?

また北京の車窓から 万里の長城編

みなさん、こんばんは。
JAMに出展した興奮も冷めぬうちにまた北京出張になりました。
日本にはJAMのためだけに戻ってきた感じで(^◇^;)

今回もまた土日をはさんだ、ちょっと長めな出張となってまして、
週末は少し観光することができます。

ただ今回は一人ではなく、北京初上陸の同僚がいるわけで、
さすがに週末に放置するのはまずいだろうと思い、
1日は観光に付き合うことに。

で、土曜日にまた万里の長城行ってきました(^^;
今月2回目ですが、まぁ仕方ありません。

前回は列車で行ったのですが、北京初めてなのに、いきなりあの
カオス状態を体験するのはどうだろう?と思ったので、
簡単と言われてるバスを選択。
したのだけれども、それがそう簡単に行かないのがこの国(^^;

まずは地下鉄でバス乗り場の最寄り駅「積水潭」まで行きます。
ここから少し歩いて「徳勝門」まで行って、919路快に乗ります。
ってのが、ガイドブックに載っている行き方。

なので、それにしたがって919路快の列に並びます。
その列に並んでるときに撮ったのがこの徳勝門。逆光ですが(^^;

IMG_0214.jpg

さて、列も進んでそろそろ乗れそうだなぁ、って思っていると、
なにやら外国人の観光客(って、自分もだけど)が不穏な動き。
心配になって念のため「ばーだーりん?」って聞いてみると、
「これは行かない、ばーちーちー(877)に乗れ」との答えが。

なんだかよく分からないが、言われた通りに877路の乗り場へ。
運良く1番目に乗れて、12元払って席ゲット!
ってか、基本着席みたいだったけども(笑)

後で調べてみると、919路快があまりに込みすぎるので、
今年の夏から877路を増設したとのこと。
でも、八達嶺の長城に919路快が行かないとは書いてないけど。。。

#ちなみにさらに後から調べたら、最近乗った人のブログがあって、
 ホントに行かずに通過してしまったらしい。
 バス停のおばちゃんありがとう!

そんなこんなで、無事に万里の長城に到着です。
が、何かが違う。
それは、到着する場所がこれまでと山の反対側に変わったのですね。

で、この場所、基本的に「滑車」と呼ばれるジェットコースターみたい
なやつに乗らないと長城に入れない。もしくは徒歩で山を少し登るか。

一緒に行った同僚と相談し、帰りは列車で帰ることとして、
片道だけ滑車に乗ることにしよう。と決定!

早速、着いた場所近くのチケット売り場で買おうとしますが、、、
なんで往復しかチケット売ってないねんっ!
往復にしたら60元も掛かるし、帰りもバスで帰らんといけんくなるやろっ!

と、思ってそこでは買わずに、しつこい客引きのおばちゃんを
振り払いながら、滑車乗り場のほうへ移動。
乗り場のすぐ近くにもチケット売り場があり、
試しに片道あるか聞いてみると、、、

あるじゃない(^^;

そんな感じでようやく万里の長城へ入城です!
ただしここから入ると、、、北四楼なので、、、人だらけです(^^;
とりあえず、多くの人が目指す北八楼まで行ってみました。
この写真じゃ分かりにくいかも(^^;

IMG_0216.jpg

お勧めはやはり、人が少ない南側いわゆる「男坂」の方ですね。
こちらのほうがゆっくり見れていい感じ。
ただし、行き止まりまで行くと、物売りがいてめんどいです(^^;

こんな感じで一通り長城を歩いたので、長城を出て八達嶺駅へ。
早速、切符を買おうとしますが(←もう結構なれた)、
次の列車の切符の発券まではあと15分ほど待ちが必要。
こういうところは案外時間に正確なんですよね(^^;

しょうがないので並んで発券開始を待ちます。
と、ここで作戦を練ってみました。
自分が切符買うのに並んでる間に、同僚に改札口の先頭に並んでてもらい、
改札開始とともにホームになだれ込む作戦です(笑)

結果は大成功!ホームに一番乗りでした。
てか、いいのかこれで(^^;?
で、列車到着時に横入りされないようにガードしつつ、無事に席を確保
することができ、快適に北京北駅に戻ってきたのでした。
夏休みだからか、算数の本実演販売の説明がうるさかったけど(^^;

IMG_0168.jpg

そんなわけで、八達嶺の長城に行くには、列車がお勧めです。
片道6元で行けて滑車も不要、バスだと12元で滑車往復で
60元余分に掛かりますから。
列車で行く難点は、切符買うことと座れるか分からないってことだけですからw

ん?
誰ですか?「列車の写真使いまわしだろう」って言ってるのは!?

そう思った方、正解です(^^;


で、日曜日に続くのですが、、、
結構疲れたから出歩けるか心配。。。
イヌテツカウンター
訪問者数
プロフィール

mothumothu

Author:mothumothu
鉄道だけでなく、犬、ネコ、うさぎなどの動物とか、電化製品やら、通信機器やら、サッカーやら、なんやかんやを趣味にしてしまっていて、おこづかいが足りません(^^;

どうかお手柔らかにm(__)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。